カスケーディングスタイルシートリファレンス・ ブラウザの種類による対応状況などもプロパティごとに掲載!

CSS −スタイルシートリファレンス− ブラウザの種類による対応状況などもプロパティごとに掲載!

スタイルシートの基礎 CSS
バナーはダウンロード
してお使い下さい。

■  配置

display   »» 表示形式を指定する
visibility   »» 表示・非表示を指定する
position   »» 要素の配置方法を指定する
top: bottom: left: right:   »» 要素の配置位置を指定する
float   »» 回り込みを指定する
clear   »» 回り込みを解除する
z-index   »» 重ね合わせの順序を指定する
clip   »» 要素の一部を切り抜き表示する
zoom   »» 要素を拡大表示する
overflow   »» 内容があふれる場合の処理方法を指定する
overflow-x   »» 内容があふれる場合の横方向の処理方法を指定する
overflow-y   »» 内容があふれる場合の縦方向の処理方法を指定

■ display  表示形式を指定する

display:キーワード

キーワード block
ブロックレベル要素として扱う
inline
インラインレベル要素として扱う(デフォルト)
list-item
リスト項目用のボックスを生成する
none
表示しない

blockを指定した要素はブロックレベル要素となり、要素のあとに改行が入ります。 プロパティの中にはブロックレベル要素にしか適用されないものもある為、 ブロックレベル以外の要素にそういったプロパティを設定したい場合にはblockを指定します。 inlineを指定した要素はインラインレベル要素となり、要素のあとに改行は入りません。 list-itemでは指定した要素に対し、リスト内容を表示するボックスとリストマーク用の インラインボックスを生成させます。 noneを指定すると、要素が表示されなくなります。 ボックスそのものが表示されないためレイアウトにも影響を与えません。

IE4 IE5 IE5.5 IE6 NN4 NN4.7 N6.2
block × ×
inline ×
list-item × ×
none

LINK

 

◆ このページのTOPへ ◆







Copyright © 2004 − ykr414. All Rights Reserved.


ykr414. All Rights Reserved.