カスケーディングスタイルシートリファレンス・ ブラウザの種類による対応状況などもプロパティごとに掲載!

CSS −スタイルシートリファレンス− ブラウザの種類による対応状況などもプロパティごとに掲載!

スタイルシートの基礎 CSS
バナーはダウンロード
してお使い下さい。

■  その他

cursor:   »» カーソルの形状を指定する
scrollbar-base-color:
  scrollbar-face-color:
  scrollbar-arrow-color:
  scrollbar-highlight-color:
  scrollbar-3dlight-color:
  scrollbar-shadow-color:
  scrollbar-darkshadow-color:
  »» スクロールバーの色を設定する
ime-mode:   »» IMEの入力状態を指定する
content:   »» 前後に内容を追加する
quotes:   »» 引用符を指定する
direction:
  unicode-bidi:
  »» 文字の表記方向を指定する説明
page-break-after
  page-break-before
  »» 印刷時の改ページを指定する
behavior:   »» スクリプトをページから分離する

■ content:  前後に内容を追加する

content:

キーワード open-quote
戦闘に表示する引用符
close-quote
最後に表示する引用符
no-open-quote
引用符なしの引用の先頭
no-close-quote
引用符なしの引用の最後
URL content:url("□")
□・・画像ファイルのURL
文字列 content:"□"
□・・挿入したい文字列
属性 content:attr(□)
□・・タグの属性の値

要素の前後にテキストや画像を挿入するように設定します。 :after擬似要素や、:before擬似要素とともに使用します。

open-quoteは引用の開始部、close-quoteは引用の終了部に指定します。 デフォルトの引用符はブラウザによっても異なります。(Netscapeの場合は"") 挿入される引用符を変更するにはquotesプロパティで設定します。 no-open-quote、no-close-quoteでは引用符は追加せず、 引用レベルのみ一段深く変更します。 no-open-quoteは引用の開始部、no-close-quoteは引用の終了部に指定します。

URLでは追加する画像ファイルのURLを指定します。 外部スタイルシートを読み込む場合は、HTML文書からでなく スタイルファイルからの相対URLで指定する必要があります。

文字列では、追加する文字列を指定します。

属性では、□に指定したタグの属性の値を表示します。

IE4 IE5 IE5.5 IE6 NN4 NN4.7 N6.2
キーワード × × × × × ×
URL × × × × × ×
文字列 × × × × × ×
属性 × × × × × ×

LINK

 

◆ このページのTOPへ ◆







Copyright © 2004 − ykr414. All Rights Reserved.