カスケーディングスタイルシートリファレンス・ ブラウザの種類による対応状況などもプロパティごとに掲載!

CSS −スタイルシートリファレンス− ブラウザの種類による対応状況などもプロパティごとに掲載!

スタイルシートの基礎 CSS
バナーはダウンロード
してお使い下さい。

■  フィルタ

フィルタとは?
DirectXとは?
Internet Explorer4.0以上の場合の基本書式
Internet Explorer5.5以上の場合の基本書式
フィルタの設定
フィルタの対応
filter:〜alpha()   »» 半透明のフィルタをかける
filter:〜blur()   »» ぼかしを入れる
filter:〜chroma()   »» 特定の一色を透過して表示する
filter:〜dropshadow()   »» 影をおとす
filter:〜glow()   »» 発光しているように見せる
filter:〜emboss()   »» 浮き出したように表示する
filter:〜engrave()   »» 掘り込んだように表示する
filter:〜maskfilter()   »» マスクをかける
filter:〜motionblur()   »» ブレをつける
filter:〜shadow()   »» 影を伸ばす
filter:〜wave()   »» ウェーブをかける
filter:〜basicimage()   »» 様々な効果をまとめて指定する
filter:fliph()
  filter:flipv()
  »» 表示方向を反転させる
filter:gray()   »» グレースケールにする
filter:invert()   »» 色を反転させる
filter:xray()   »» X線フィルタをかける

■ filter:〜basicimage()  様々な効果をまとめて指定する

◆ IE5.5以上
filter:progid:DXImageTransform.Microsoft. basicimage(プロパティ)

プロパティ grayscale
グレースケール化(1、0)
invert
色の反転(1、0)
mask
マスク処理(1、0)
maskcolor
塗りつぶす色
mirror
左右の反転(1、0)
opacity
不透明度(0.0〜1.0)
rotation
回転角度(0〜3)
xray
白黒反転(1、0)
enabled
フィルタを実行するかどうか(true、falseまたは1、0)

画像や文字に対するさまざまなフィルタ効果をまとめて設定します。
  • grayscaleはグレースケールにするかどうかを指定します。(デフォルトの値は0)
    0・・通常の色で表示する。
  • invertは色を反転して表示するかどうかを指定します。(デフォルトの値は0)
    0・・通常の色で表示する。
  • maskはマスク処理をして表示するかどうかを指定します。(デフォルトは0)
    マスク処理をするように指定すると、文字や画像の透明部分を切り抜いて透明にします。
  • maskcolorはマスク処理をして透明にした部分を指定した色で塗りつぶします。
    maskcolorはマスク処理をして塗りつぶす色をRGB形式で指定します。
  • mirrorは左右を反転するかどうかを指定します。(デフォルトは0・・反転しない)
  • opacityは不透明度を0.0(透明)〜1.0(不透明)までの範囲で整数値で指定します。
    (デフォルトは1.0・・不透明)
  • rotationは回転して表示させる場合の角度をを0〜3の範囲で指定します。下表参照。
    (デフォルトは0で回転しない)
  • xrayはX線写真のように白黒反転をして表示するかどうかを指定します。
    (デフォルトは0・・通常の色で表示する)
  • enabledはフィルタを実行するかどうかを指定します。
    true、1を指定するとフィルタを実行し、false、0を指定すると実行しません。
rotationで回転して表示させる場合の値と角度
rotationの値 0 1 2 3
回転角度 回転しない 90度 180度 270度

LINK

 

◆ このページのTOPへ ◆







Copyright © 2004 − ykr414. All Rights Reserved.