カスケーディングスタイルシートリファレンス・ ブラウザの種類による対応状況などもプロパティごとに掲載!

CSS −スタイルシートリファレンス− ブラウザの種類による対応状況などもプロパティごとに掲載!

スタイルシートの基礎 CSS
バナーはダウンロード
してお使い下さい。

■  フィルタ

フィルタとは?
DirectXとは?
Internet Explorer4.0以上の場合の基本書式
Internet Explorer5.5以上の場合の基本書式
フィルタの設定
フィルタの対応
filter:〜alpha()   »» 半透明のフィルタをかける
filter:〜blur()   »» ぼかしを入れる
filter:〜chroma()   »» 特定の一色を透過して表示する
filter:〜dropshadow()   »» 影をおとす
filter:〜glow()   »» 発光しているように見せる
filter:〜emboss()   »» 浮き出したように表示する
filter:〜engrave()   »» 掘り込んだように表示する
filter:〜maskfilter()   »» マスクをかける
filter:〜motionblur()   »» ブレをつける
filter:〜shadow()   »» 影を伸ばす
filter:〜wave()   »» ウェーブをかける
filter:〜basicimage()   »» 様々な効果をまとめて指定する
filter:fliph()
  filter:flipv()
  »» 表示方向を反転させる
filter:gray()   »» グレースケールにする
filter:invert()   »» 色を反転させる
filter:xray()   »» X線フィルタをかける

■ filter:〜wave()  ウェーブをかける

◆ IE5.5以上
filter:progid:DXImageTransform.Microsoft. wave(プロパティ)

◆ IE4.0以上
filter:wave(プロパティ)

プロパティ freq
波の数
lightstrength
光の強さ(0〜100)
phase
波の開始位置(0〜100)
strength
波の振幅
add
元の画像を合成するかどうか(true、falseまたは1、0)
enabled
フィルタを実行するかどうか(true、falseまたは1、0)

波打ったような効果を表現します。
  • freqは波の数を整数値で指定します。
    指定する値が大きいほど波の数が多く、ウェーブの間隔が狭くなります。
  • lightstrengthはウェーブに当たる光の強さを0〜100までの整数値で指定します。
    0では全く光が当たらない状態、100では最も強く光が当たっている状態となり、
    ウェーブの谷の部分は黒になります。
  • phaseはウェーブの始まる位置を0〜100までの整数値で指定します。
  • strengthはウェーブの振幅(横方向への揺れ)を指定します。
    数値が大きいほど揺れも大きくなります。(デフォルトは5)
  • addは元の画像を合成するかどうかを指定します。
    trueまたは1を指定すると元の画像を合成し、falseまたは0を指定すると元の画像を合成しません。
  • enabledはフィルタを実行するかどうかを指定します。
    true、1を指定するとフィルタを実行し、false、0を指定すると実行しません。

LINK

 

◆ このページのTOPへ ◆







Copyright © 2004 − ykr414. All Rights Reserved.