カスケーディングスタイルシートリファレンス・ ブラウザの種類による対応状況などもプロパティごとに掲載!

CSS −スタイルシートリファレンス− ブラウザの種類による対応状況などもプロパティごとに掲載!

スタイルシートの基礎 CSS
バナーはダウンロード
してお使い下さい。

■  フィルタ

フィルタとは?
DirectXとは?
Internet Explorer4.0以上の場合の基本書式
Internet Explorer5.5以上の場合の基本書式
フィルタの設定
フィルタの対応
filter:〜alpha()   »» 半透明のフィルタをかける
filter:〜blur()   »» ぼかしを入れる
filter:〜chroma()   »» 特定の一色を透過して表示する
filter:〜dropshadow()   »» 影をおとす
filter:〜glow()   »» 発光しているように見せる
filter:〜emboss()   »» 浮き出したように表示する
filter:〜engrave()   »» 掘り込んだように表示する
filter:〜maskfilter()   »» マスクをかける
filter:〜motionblur()   »» ブレをつける
filter:〜shadow()   »» 影を伸ばす
filter:〜wave()   »» ウェーブをかける
filter:〜basicimage()   »» 様々な効果をまとめて指定する
filter:fliph()
  filter:flipv()
  »» 表示方向を反転させる
filter:gray()   »» グレースケールにする
filter:invert()   »» 色を反転させる
filter:xray()   »» X線フィルタをかける

■  フィルタの設定

フィルタの設定は他のスタイルと同じように行います。 フィルタはembed、applet、select、option、tr、thead、tbody、tfootの 各要素を除いてほぼ全ての要素に指定する事が出来ます。ただし、 これらのフィルタを適用するには、要素に対し、positionプロパティで absoluteを指定するか、widthやheightプロパティを設定して表示位置を指定するなどの必要があります。 またフィルタによってはボックスを変形させて効果を表現したりするため、その分の領域も考慮して要素の 配置位置やサイズを指定しておかなければなりません。 フィルタの性質を理解したうえでレイアウトなどを行うことが重要です。

例 : 掘り込んだように表示するスタイルの設定

<style type="text/css">
<!--
.sam {filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Engrave(bias=0.9)}
-->
</style>

LINK

 

◆ このページのTOPへ ◆







Copyright © 2004 − ykr414. All Rights Reserved.