カスケーディングスタイルシートリファレンス・ ブラウザの種類による対応状況などもプロパティごとに掲載!

CSS −スタイルシートリファレンス− ブラウザの種類による対応状況などもプロパティごとに掲載!

スタイルシートの基礎 CSS
バナーはダウンロード
してお使い下さい。

■  CSSの基本

デフォルトのスタイルシートの設定
HTMLの基本構造
HTMLのツリー構造と親要素・子要素
スタイルシートの設定方法
コメント・コメントアウトについて
スタイルシートの書式
スタイルの優先順位
セレクタの設定方法
スタイルの継承
URLの記述方法
DTDとブラウザでの表示モード

■ スタイルシートの設定方法

1  外部スタイルシートを読み込む
2  HTML文書にまとめて設定する
3  タグに直接スタイルを設定する

それぞれ適用される範囲も異なり、競合した場合の優先順位なども ほぼ同じなので組み合わせて使用することも可能です。

1  外部スタイルシートを読み込む

<link rel="stylesheet" href="スタイルファイルのURL" type="text/css">

HTML文書とは別にスタイルを設定したスタイルファイルを用意し、読み込む方法です。 <head></head>内に記述します。

この方法はひとつのスタイルファイルを複数のファイルに適用させ、 サイト全体に同じスタイルを適用したい場合などに有効です。 複数の外部スタイルファイルを利用したい場合は必要な数だけ <link>タグによる指定を記述します。

2  HTML文書内にまとめて設定する

<style type="text/css">スタイルの設定</style>

HTML文書に設定したいスタイルを記述する方法です。 <style></style>タグ内にスタイルを設定し これを<head></head>内に記述します。 記述したページでのみスタイルが有効になります。

3  タグに直接スタイルを設定する

<◆ style="スタイルの設定">文字など</◆>

◆・・スタイルを設定したいタグ

スタイル属性を利用して、直接タグにスタイルを記述する方法です。 style属性の値としてスタイルを設定します。 ページ内の特定の場所にのみスタイルを設定したい場合にのみ利用します。

LINK

 

◆ このページのTOPへ ◆







Copyright © 2004 − ykr414. All Rights Reserved.